サーフ系について
サーフ系について

マリンスポーツとファッション

夏にマリンスポーツを行う人も多いでしょう。
マリンスポーツをする際には、それに見合った服装をする必要があります。

サーフ系とは、マリンスポーツに似合うファッションやブランドを指します。
サーフ系ブランドのアイテムを身に着ければ、より一層マリンスポーツを楽しめるでしょう。
サーフ系のコンセプトとしては、サーフィンなどのマリンスポーツの後にさっと着て気持ちがいいデザインと着心地にこだわって作られています。

デザインは「夏らしさ」がメインで、波やウミガメや花など自然と海がモチーフになったものや、グラフィカルで爽やかなデザインのものが多く、海やビーチで映えるデザインになっています。
もちろんデザインだけでなく、機能性もしっかりと備わっています。
ラフで軽い着心地でも、スポーツ後の汗をしっかりと吸う素材だったり、丈夫な縫製で作られた衣服が多いです。

サーフ系の着こなし

ではサーフ系のファッションとは、どういったものなのでしょうか。
サーフ系の着こなしはとにかく動きやすく、そのままでもサーフィンなどを楽しめるような楽な着心地と機能性を持っています。
基本はサーフ系ブランドのロゴが入ったラグランTシャツをトップスに着ます。

下は動きやすかったり濡れても平気なようにハーフパンツが多いですが、ジーンズでも映えます。
靴はサンダルかラフなスニーカー、素足ではけるエスパドリーユが人気です。

見た目としては日焼け肌に茶髪ヘアが圧倒的に多く、シルバーアクセサリーやサーフウォッチ・サングラスなどでオシャレを楽しみます。
サングラスはファッションとなるだけでなく、強い日差しに対応できるため、かける人が非常に多いです。

サーフ系の人気ブランド

アメリカ西海岸やハワイではマリンスポーツが盛んなことからサーフ系ブランドがとても豊富で、こなれたオシャレ感が人気を集めています。
SATURDAYS SURF NYC(サタデーズサーフニューヨークシティー)は木村拓哉さんがドラマ「HERO」で着用して話題になったブランドです。

VANSはカリフォルニア生まれのサーフ系ブランドです。
VANSのスニーカーはサーフスタイルに欠かせません。

クイックシルバはサーフブランドでおなじみです。
姉妹ブランドのロキシーは女性に人気のブランドです。

サーフ系ファッションの有名人

サーフ系スタイルの有名人は意外とたくさんいます。
サーフ系ファッションを着こなす有名人としてまず挙げられるのは、言わずと知れた木村拓哉さんでしょう。

木村さんはサーフィンで奥様の工藤静香さんと知り合いました。
真木蔵人さんはプロのサーファーで、サーフショップの経営もされています。
大御所の加山雄三氏は日本にサーフィンを流行らせた人という説があり、海の男といった見た目ですよね。