付け襟について
付け襟について

付け足すファッション

着け襟というのを聞いたことがありますか?着け襟は最近のファッションアイテムとして若者の注目を集めています。
着け襟というのはその名の通り、自分が持っている洋服に着ける襟のことです。
いつでも簡単に、いつもの洋服に「襟」をつけることができる、便利なアイテムです。

コーディネートのアクセントになりますし、つけるだけで洋服全体のイメージがガラッと変わります。
そして新たに服を買わなくても、ワンピースやセーターなどに着けるだけで、ファッションバリエーションが増えます。
シンプルなワンピース一着と何種類かの着け襟を持っているだけで、同じワンピースを着回すことができるのです。

着け襟の効果

着け襟の効果としてはなんでもない普通のトレーナーやセーターが、フェミニンなお出かけアイテムに早変わりできることです。
大きめの襟をつけることで、小顔効果が期待できます。

シャープなラインの着け襟は、首を長くみせる効果があります。
このように、襟をつけるだけで様々な効果をもたらします。
着け襟自体のデザインが多彩なので、アクセサリー感覚で楽しく身に着けることができます。

着け襟の選び方

着け襟の最大の魅力は、襟だけとあって価格が安いことです。
値段が安いため様々な着け襟に挑戦できます。

色々なファッションを楽しみたいけれど、何着も服は買えない…という人に着け襟はうってつけのアイテムです。
同じ服でも着け襟を変えるだけで色々な雰囲気のファッションを気軽に楽しめます。
また、ネックレスのようにアクセサリーをつける感覚で楽しむことができます。

シンプルな着け襟は上級者向けと言えます。
まずはアクセサリー感覚で、ビジューやパールなどの華やかな雰囲気の着け襟がお勧めです。

セーターやワンピース、いろいろなものに自由に合わせられます。
もともと襟がついていない服はもちろん、襟がついていてもシンプルならばその上から着け襟をつけられます。

使いまわしを考えてカラーを選ぶと良いでしょう。
必ず実際に当ててみて、顔や首との相性を見て選びましょう。

いろいろな着け襟

着け襟には色々な種類があります。
持っている服やどんな雰囲気にしたいかで着け襟を選びましょう。

ファー素材の着け襟は上品なお嬢様風に見せることができます。
かぎ針編みの着け襟は、ナチュラル系の森ガール風に。

レース編みでできた着け襟は、繊細でとても女性らしい雰囲気になります。
パールをあしらった着け襟は、エレガントなお出かけに最適です。

ビジューをあしらった着け襟は、ゴージャスに見えて意外とカジュアルなニットなどにも合います。
このように、着け襟を変えるだけで同じ服であっても全く違う雰囲気を見せることが可能になります。