ビューティーアドバイザーの仕事内容となり方

百貨店や専門店で製品に説明を行う仕事

ビューティーアドバイザーは百貨店や専門店に勤務をし、訪れるお客さんに対してそれぞれの化粧品メーカーの製品を紹介する仕事のことです。

メーカーによっては「美容部員」「ビューティーコンサルタント」と呼ばれることもあり、いずれにしても最も顧客との関わりが深く美容に関しての知識が広く求められます。

美容業界で働きたいという人にとっては最も求人数の多い業種なので、まずはこちらで経験を積みそこから独自の方向を目指していく事も出来るでしょう。

具体的なビューティーアドバイザーとしての仕事は、まずデパートや百貨店で営業をしている化粧品メーカーのブース内に入り、訪れるお客さんに製品の説明を行います。

このときピッタリの製品を勧めるため、お肌の状態チェックやカウンセリングなども行うでしょう。
化粧品メーカーのブースはそれぞれの企業が百貨店から賃料を払ってお店を出していますので、雇用主はそれぞれのメーカーということになります。

業務上必要になるスキルとしては、販売をする製品の商品知識の他、肌の構造やタイプについての基礎知識や、メイクの基礎的な技能、さらに接客スキルや商品管理能力などが挙げられます。
また基本的には立ち仕事となりますので、体力が求められる場面も多いようです。

ビューティーアドバイザーの求人の探し方

ビューティーアドバイザーとして勤務をするための一般的なルートとしては、まず高等学校を卒業をしてから美容系の専門学校もしくは短大・大学へ進学します。

美容系の専門学校の中には、メーカーが独自に運営している学校もありますので、そうしたところに進学をするとより就職がしやすくなるでしょう。

学校の卒業に合わせて、化粧品メーカーからの求人を探し就職活動を行います。
募集は学校に直接出されることもありますが、求人情報誌や公式サイトで行われることが多いようです。

将来的には企画や開発をしたいという人も、最初に採用されたときにまずビューティーアドバイザーとして配属をされることがよくあります。

メーカーの一般職の場合は新卒採用の枠が多く取られているのですが、ビューティーアドバイザーの場合には中途採用枠も多くとっているのが特徴的です。

ビューティーアドバイザーとして勤務をするために特別に取得をしなくてはいけない資格というものはなく、基本的には採用をされたあとに社内研修として販売に必要な知識を一通り教えられます。

経験者を優遇する求人も多く、いずれかのメーカーのビューティーアドバイザーとしての職務経歴があることで、別のメーカーへの就職が有利になります。

覚えることが多い仕事ですので、自分自身がメイクやその企業の製品が好きでないと長く勤務するのは難しいというのが実情のようです。