ブライダルコーディネーターの仕事内容となり方

理想の結婚式を作り上げるための仕事

ブライダルコーディネーターはブライダル企業もしくは挙式場に勤務をして、そこで式を挙げようと考えているカップルに対し、より理想に近い挙式ができるようにサポートしていく仕事になります。

結婚式はどのような場所でどんな形式で行うか、カップルごとに理想の形が異なっており、全てを自力で手配をするのはほぼ不可能です。

そこでブライダルコーディネーターは結婚式関連業界に精通し、用意すべきことや決めるべきことをわかりやすく提案していきます。

例えばドレス一つとってみても、どういったドレスを選ぶかということだけでなく、購入をするか・レンタルをするかや、お色直しはどうするか、予算はどのくらいにするか、小物類はどう揃えるかといったたくさんの選択肢があるものです。

挙式披露宴の準備については案外思い込みで考えている部分も多く、最新の事情から最もよい方法を提案していくということが、プロとしてのブライダルコーディネーターの役目になります。

ブライダルコーディネーターとして勤務をするときに、特に必要とする資格はありません。
しかし、知識や経験が無くては務まらない仕事であることから、ほとんどの人が専門学校でのホテル・ブライダル関連学科を受講します。

ホテル・ブライダル関連の専門学校の多くは、実際の挙式場やドレスショップと提携をしているので、在学中から実際の現場で研修を受けることが可能です。

大きな挙式場では直営の専門学校を開校してることも多く、その場合には就職先として全国の施設を選びやすくなります。

フリーランスとして活躍することも

ブライダルコーディネーターの仕事場所は主に式場やブライダル関連会社です。
しかし長年ブライダル関連の仕事をしてきたブライダルコーディネーターの中には、培ってきた経験や知識をもとにフリーランスととして活躍をする人もいます。

フリーランスの場合、直接新郎新婦さんから相談を受け、そこから適した式場や衣装のセッティングをしていきます。

結婚式を総合的にプロデューサするだけでなく、結婚式までのカップルの個人的な相談に乗るということもあるでしょう。

挙式場やブライダル企業に勤務するブライダルコーディネーターの場合、使用するのは自社や提携会社での設備や用具となってしまいますが、フリーランスとして受ける場合にはそうした縛りがなく、全く自由に提案をしていくことが可能です。

そのため個性的な式を挙げたい新郎新婦からは、フリーランスのブライダルコーディネーターは大変需要があります。

過去には挙式場以外の場所である廃校やレストラン、体育館といったような場所で挙式をしたというブライダルコーディネーターさんもおり、自由な発想で新しい挙式披露宴の形を提案していく事ができるのです。