衣料管理士の仕事内容となり方

繊維製品のスペシャリスト

衣料管理士は「Textiles Advisor(テキスタイルアドバイザー)」とも言われる、一般社団法人日本衣料管理協会が主催をする技能資格の一つです。

私達の身の回りには、衣類を始めとしてインテリアや雑貨など数多くの繊維製品が使用されています。
こうした繊維製品は年々新製品が開発されており、使用される場所によって使い分けをしていくものです。

しかし一方でアレルギーなどの健康被害が繊維製品によって発生してしまうケースも増えており、製品開発の現場には専門的な知識を持った人材が欠かせません。

そこで衣料管理士はアパレルメーカーや繊維製品を取り扱う企業において、企画・設計や販売、品質保証、消費者対応などの現場で専門的な知識を元にしたアドバイスを行っていきます。

具体的な職場としては、アパレルメーカーの製品開発の仕事において、それぞれの布の特性からデザインされた服をどう製作していくかということを考えていく、等です。

他に衣類販売店で売り子をしたり、品質管理室に勤務をしたりして、購入をするお客さんに対して布の性質や注意点を示していきます。

資格を取得するためには、まず大学で繊維について学ぶ所定の単位を全て履修が必要です。
資格には1級と2級があり、それぞれ認定を受けられる学校と学科が定められています。

1級衣料管理士が取得できる学校としては、日本女子大学の被服学科や武庫川女子大学の生活環境学科、東京家政大学の服飾美術科や服飾専攻などが挙げられます。

認定校で単位を取得することで試験など受けることなく資格が得られるので、服飾関連の仕事に就きたい人はそうした学校を選ぶとよいでしょう。

服飾業界の花形職マーチャンダイザーを目指す

服飾関連の仕事の中でも、非常に女性からの人気が高いのが「マーチャンダイザー」という仕事です。
マーチャンダイザーは主に商社や小売を行う販売業において、商品の仕入れから販売までを一貫して担当するという仕事になります。

アパレル業界においては、まず自分の担当する分野で新たに販売をする製品を買い付けもしくは製造をし、それをどのように販売の現場に導入していくかということを考え実践していきます。

自分で「売れる」商品を見つけトータルプロデュースをしていくという仕事はかなり難易度が高く責任も重いのですが、それだけに自分で流行を作るという楽しさがあるのです。

そんなマーチャンダイザーの仕事をしていくとき、衣料管理士の知識は非常に役に立ちます。
服の良し悪しを決める要素に繊維の特徴は非常に重要であり、万が一の健康被害が起こらないように備えることができるでしょう。

幅広く繊維業界での仕事に活かして行ける資格なので、進路も大きく広がります。