着付けの仕事内容となり方

美しく着物を着用する手伝いをする着物着付け師

着物着付け師は、和装に関する専門的な知識と技能をもとに、着物を美しく着付けるための指導・相談を行う仕事です。

着物は日本独特の正装であり、伝統的な民族衣装ということからフォーマルな場面で多く使用されます。
しかし自宅に着物がある家は少なく、着物の着方が全くわからないという人がほとんどです。

ドレスと異なり着物は正しく身につけるためにいくつかのルールがあり、手順どおりに行わなければキレイに着こなすことはできません。

着付け師はファッションコーディネーターとはやや種類が異なり、着物を身につける手伝いをするだけでなく、どういった場面でどういう着物を着用するのがふさわしいかという事を提案していきます。

そのためには着付けそのものの技術だけでなく、着物の歴史や文化的背景などについても深い知識を備え、利用をするお客さんに対してどういったものがよいかを話し合いの中から決める能力が必要です。

着付け師として勤務をするための資格はないのですが、民間資格として公益財団法人京都和装産業振興財団が実施している「着物着付け師」を取得することによって講師として教室を開くことができます。

着付け師の資格や技能はきもの学院などの専門学校の他、美容師養成課程の中に入っていることが多いため、美容師として美容院に勤務している人がお客さんからのオーダーに応じて着付けも行うということがよくあります。

新しい着付けの仕事が登場

着付けが必要になる場面としては、結婚式や成人式といったフォーマルな場面が多いでしょう。
その他にも、初詣や夏祭りなどといった時に着物を着たいと思う人は女性に特に多く見られます。

本来的な着付けの仕事では、例えば披露宴に招かれた人が着用をする場合には、「準礼装」である訪問着を使用することが望ましいといったことや、どういった帯を組み合わせるのがよいかといったような伝統を意識した提案をしていきます。

しかしフォーマルな場面はともかくとして、成人式や初詣のような比較的カジュアルな服装が許される場面においては、従来の着物の着方と全く違った着方をする人も増えてきました。

年配の方にはあまり良く思われないことが多いですが、ネイルと着物を合わせたり、花魁風の振袖にしたりといったいわゆる「ギャル系」の着付けです。

伝統的な観点からの良し悪しはともかくとして、そうした新しいファッションとして着物を利用するという方法は若い着付け師さんならではのものでしょう。

ここ近年では結婚式にドレスであなく和装を選ぶカップルも増えてきており、着付け師の仕事の範囲も今後少しずつ広がっていくのではないかと予想されます。