スタイリストの仕事内容となり方

撮影に必要な衣装や小道具を用意する仕事

スタイリストとは、テレビ番組や映画、写真撮影の現場において、適した衣装や小道具を調達してくる仕事です。
よく似た仕事として「ファッションコーディネーター」というものがありますが、こちらは撮影用ではなく一般向けの洋服店での接客が主な業務となっています。

スタイリストにも「ファッションスタイリスト」「ヘアスタイリスト」といった種類があり、それぞれのジャンルのプロフェッショナルとして活躍する場合と、まんべんなく仕事ができるようなジェネラリストになる場合とがあります。

一般的に「スタイリスト」というのはファッションスタイリストのことを指す場合が多く、テレビや映画のスタッフロールにも必ずといってよいほど掲載される職業です。

テレビのバラティ番組などでは、私服のようなカジュアルな服装で登場する芸能人やモデルが多いですが、そうした服装もスタイリストによって細かく衣装が用意されています。

アイドルやタレントなど、それぞれの人のイメージにあった服装を提案するのがスタイリストとしての腕になってきますので、服飾そのものについての深い知識とともに、色彩や心理学についての知識も多く求められるのです。

どのようなスタイルにするかについては、それを着用する人の他、撮影のプロデューサーやディレクターなどと細かく打ち合わせをして決めます。

そのためスタイリングのための能力の他、チームとして仕事をしていく力や、ヒアリングの中から適切な衣装を形にしていく提案力も必要です。

スタイリストとしての就職先の見つけ方

スタイリストとなるために何か必要となる資格はありません。
学歴を問わず、スタイリストとして採用をされることは可能です。

とはいえ適切な技能やコネクション、ネットワークがないと思うような仕事をしていくことが難しいため、実際にはまずはアシスタントや助手として勤め、その中で人脈を広げて独立していくというのが一般的なルートでしょう。

専門学校に進学をしてスタイリストとしての基本的な技能を身につける、というのもよくある方法です。
美容系専門学校にはスタイリスト科が設置されていることが多いため、そちらで服飾に関する基本的な知識を身に着けます。

主な就職先となるのは、広告代理店やアパレルメーカー、出版社、撮影スタジオといったようなところです。
長年スタイリストをしている人の多くは、個人もしくは少人数でのスタイリスト事務所を構えており、テレビや映画などの撮影の依頼が来た時にスタイリングを担当します。

下積み時代は給与面が安いことも多く、見習いとしてかなり長時間拘束されるということも珍しくありません。
そうした若い時期にいかに貴重な経験をするかということが、スタイリストとしての成長につながります。