お客さんとふれあう事が出来る事が楽しいです。

会話をしながら

アパレル業界の販売員をしていて楽しいなって思うことは、お客さんとふれあう事が出来るって事です。
お店にはいろんなお客さんがやって来ますし、そういったお客さんと話しをしている時が一番楽しいなって思います。
もちろん一人で静かに商品を見るのが好きって言うお客さんもいらっしゃいますから。
そういったお客さんには静かに商品を見て貰えるように務めますけれど、だいたい普通に話しをしながら買い物がしたいって言うお客さんの方から話しかけて来てくれますので。
そういうお客さんとファッションの事はもちろん、いろんな事を話しながらお買い物を進めてもらうのが好きだったりします。

よくお店に来てもらえる方、いわゆる常連さんとかはスタッフと話に来ているような方が多いです。
なので、もちろんそれは私たちスタッフもうれしい事です。
スタッフとお客さんって言う関係ですのできちんと礼儀は守りながらも、どこか仲が良い友達みたいな感じで話したりもしていますので、そういったお客さんとのふれ合いが、私はこの仕事をしていて楽しいなって思うことです。

中には嫌なお客さんも居る事は居ますけど、お店に来てくれるって事は、お店が気に入ってくれているわけですので。
お店やスタッフが嫌いってわけでは無いんですから、どういう方でも気持ち良く買い物して頂けるようにがんばっています。
嫌なお客さんを嫌って思ってたら、販売員なんて出来ませんから。
それが仕事って言う物ですから、それが嫌なら最初からそういった仕事はするべきでは無いです。

なので、どんなお客さんであろうと、私は出来る限り良い接客を行うようにしています。
もちろん度を超えた要求をするお客さんとかが居れば、もうそれは警察に任せる方が良いです。
なので、毅然とした姿勢で臨む事も大事ですけど、そこまでのお客さんは滅多に居ません。
そういうのを考えるとですよ、何かちょっと嫌なお客さんだなって言う程度のお客さんは、良いお客さんの範囲に入るんじゃないかなって思っています。

仕事の向かい合い

私は基本的に接客が好きですし、人と話をしていて楽しいって思う方ですから、ファッションが好きでこの業界に入ってきたわけです。
お客さんも洋服とかを購入しにお店に来ているわけですから、ファッションの話とかを楽しくする事が出来るわけですので。
私はアパレルの販売員と言う仕事に就いて良かったなって思っています。
「販売員って大変でしょう?」って良く言われる事が多いんですが、私は全然そんな辛いとか大変って思った事がありませんから。

毎日楽しく働いていますから、私は全然大変って事は無いです。
アパレル業界で販売員として働きたくてこの仕事に就いて、それが出来ているわけですし。
毎日いろんなお客さんが来てくれますので、毎日新鮮な気持ちで働く事が出来ますので、私はこの仕事は楽しくて仕方が無いなって思っています。
ファッションが好き、人と接する事が好きって方は是非、アパレル業界の販売員としての仕事、目指してみて欲しいなって思います。