お客さんに良い物を提供する喜び。

売る方法の考え

アパレル業界の販売員をしていて楽しいなって思うことは、自分がこれは売れそうだなって思って仕入れたり、ディスプレイした商品が売れた時には、すごく楽しいなって思います。
アパレルのお店にやってくるお客さんって、何か良い服が無いかなって感じでやってくる方がほとんどなわけですから。
「○○と言うメーカーの△△と言う服をください」って感じの方はほとんど居ませんので、お店に来て服を選ぶって感じです。
なので、お客さんが欲しいと思う服をそこに並べる事が出来るかって言うのが、アパレルのお店にとってかなり売り上げを左右するポイントになります。
ですから自分がこれは売れそうだなって思って取り寄せたり、この服はこの目に付く所に並べた方が売れるだろう、みたいにディスプレイしたり。

そうした服が、お客さんがその服を見て、手に取って見て、その服をご購入なさって貰えたら、「よし!」って感じですごくうれしいなって思います。
お金が儲かる儲からないとかそういうのではなくて、もっと純粋な気持ちでうれしいなって思うんです。
結局そういうったお客さんに良い物を提供出来たと言う喜びを感じる事が出来なければ、アパレルのお店の経営や販売員の仕事は出来ませんから。
お客さんが喜んで貰える服を販売し、その事に喜びを感じる、そうすればアパレルのお店は良い経営が出来るんじゃないかなって思います。

販売員の位置

アパレルのお店の経営はけっこう不思議な所がありますから、良い物を仕入れて並べれば売れるかって言うとそうでは無いですし。
同じ服でもどのお店で購入するかって言うのもお客さんにとっては大事な事ですし、自分と気が合う販売員の人が居るからって理由でそのお店で購入する方も多いですので。
アパレルのお店で成功する要素ってけっこう複雑ですし、一概に言えない所があるなって思います。

繁盛しているお店のマネをしたら売り上げが上がるかって言うと、決してそうでは無いですから、二番煎じはもっともお客さんに嫌われたりしますし。
「そんなら一体どうしたら良いんだよ!」って頭を抱えていらっしゃる経営者の方も多いんじゃないかなって思います。
結局私は、そのお店が成功するか否かは販売員にかかってるんじゃないかなって思います。

良い販売員が居る所で閑古鳥が鳴いているお店は無いですから、どれだけ良い販売員がそのお店のスタッフとして居るかって言う事が、お店の成功に大きく関わると思います。
もちろん販売員の質が高ければそれだけで良いかって言ったら違いますけど、それでもそのお店の善し悪しを決める上で、販売員の質と言うものはかなりのウェイトを占めるんじゃないかなって思います。
ですので販売員がそのお店を作っていると言っても過言では無いですから、販売員がお客さんの事を一番良く分かっているわけですし。
こうすればもっと売れるとか、販売員だからこそ思いつくアイデアとかありますから。
そういった販売員がお店作りを行っているお店が、私は人気ショップになるんじゃないかなって思います。