お客さんのファッションをよりよい物にしたい!

コーディネート

アパレル業界の販売員とは、お客さんのファッションをよりよい物にする為に存在していますので、なかなか良い仕事だなって思います。
ファッションって言うのはその人の個性だと思いますので、良い服を購入したいな、自分に似合う服を購入したいなって思ってお店にやってくるわけです。
なので、そういったお客さんにもっとも良い服を選んで差し上げるわけですので、とてもやりがいのある仕事だなって思います。

もちろんお客さんが欲しいと思う服である事が第一の条件ですけど、その購入にあたってアドバイス出来るのは私たち販売員なわけですから。
お客さんの為にいろいろアドバイスをして、良い気持ちでご購入なされた時の笑顔を見る時が、一番うれしい時だなって思います。
やはり仕事って言うのは、その仕事にやりがいを見いだす事が出来ないと長続きしないと思いますし。

自らそういうやりがいを求めて仕事をしないといけないんじゃないかなって思います。
私はお客さんがより良い服を着て頂けること、その服はオシャレねって言われるような服を着て頂ける事を目標とし、その事にこの仕事にやりがいを感じていますから。
私にはアパレルの販売員って向いている仕事だなって思います。

人にそういうったアドバイスをするわけですから、当然自分のファッションセンスが良く無いと話になりませんから。
普段から私もオシャレであろうって思っていますし、その為にいろいろと勉強したり、自分を磨いたりしています。
そういう自分になろうとする自分も、私は好きでして、アパレルの販売員として常にオシャレな自分で居たいなって思います。
仕事って言うのは大変な物ですし、楽出来る仕事なんて無いって言いますけど、私はアパレルの販売員は全然苦労に思わないなって。

自分に合った働き方

アパレルの販売員をしていて楽しくて仕方が無いですし、仕事が辛いって思った事は一度も無いですから。
そういった自分に合った仕事をする事が、仕事選びの最もな理想と言えるんじゃないかなって思います。

好きな服を扱って、お客さんに喜んでその服を購入して貰えるわけですから、とてもすばらしい仕事だと思いますし。
楽しい仕事だと思いますから、アパレル業界の販売員は、向いている人なら毎日楽しく仕事をする事が出来ると思いますよ。
では向いていない人って居るのかなって考えて見ますと、やはり居るだろうなって思います。

例えば人と接するのが嫌いとかなりますとね、お客さんと接するのが苦痛になるでしょうから、そういった方はアパレルの販売員には向いて居ないんじゃないかなって思います。
ファッションが好き、人と接する事が好きって言う方にはね、この仕事は面白くて仕方が無い仕事になると思います。
なので、是非みなさんもアパレル業界の販売員の仕事に飛び込んで来て欲しいなって思います。
誰でもみんな初心者ですし、私なんかも右も左も分かりませんでしたからね。
それでもこうして今は楽しく販売員をしていますから、きっとみなさんも毎日生き生きと働く事が出来ると思いますよ。