店長になりたいです。
店長になりたいです。

お店の責任者

アパレルの店員として仕事をしていますが、今後の目標としては、今のポジションよりステップアップし、店長として仕事を任せて貰えるようになりたいです。
私の勤めるお店では、お店の販売員の中から店長が選ばれますのでね、実際今系列のお店で働いている店長の殆どが販売員から抜擢されて居ますから、私も早くそういう風になりたいなって思ってます。
販売員として仕事の実績を出す事も楽しいですが、店長になればさらにそういった仕事の楽しさを味わう事が出来るでしょう。

やはり自分が店長になって、自分がそのお店の責任者として腕をふるうと言うのは、仕事をする上で高いモチベーションにつながりますので、私も店長として仕事がしてみたいです。
私の予想ではそろそろ私にも声がかかる気がしますのでね、それまで店員として毎日がんばろうと、店員として抜群の数字を残し、店長にステップアップしたいなと考えています。

店長になればある程度自由にお店作りを任せて貰えますので、どういうお店にしたいか考えて見ますと、私は若い人が楽しく買い物をする事が出来るお店にしたいです。
いつの時代もファッションの中心は若者ですし、若者が集まるお店と言うのが私は好きですから、そういうお店の中がいつも若い女性の笑顔であふれているようなお店を造りたいです。
まずは今勤める会社の系列のお店の店長として働いて、そこで店舗経営のノウハウを身につけたら、独立するのも良いなと思っています。
やはり自分の会社を興すと言うのは、誰しも夢見る事だと思いますし、やりがいのある事だと思いますので、今が独立のタイミングだなと追い風を感じた時には、思い切って独立したいです。
アパレルのお店と言うのは、お店そのものに個性がありますし、一人のリーダーによってそのお店の個性は造られる事が多いですから、私がお店のトップに立って、私がそのお店に個性を与えていきたいです。

将来を考えて

私もアパレルの店員とした働いてけっこう長いですので、そういう将来のビジョンと言うか展開を考えるようになるなんて、自分でも少し成長したなと思います。
私がこの業界に入ったのは深い意味は無く、ただファッションが好きだったので、ファッションに関する仕事がしたいと思い、アパレルの会社に就職を決めたわけですから、その当時はただ販売員として仕事が出来たら良いなくらいのものでしたから、その頃に比べたら、私も多くの事を身につけ、成長したと言えるでしょう。

人間は常に今の自分よりも良い自分になろうとしないと嘘だと思いますのでね、アパレル業界に足を踏み込んで、こうして今日も仕事をしている以上、この道で生きて行きたいです。
アパレル店員として仕事をしていて、それが辛いと思った事は一度もありませんので、私にはこの仕事が天職のような気がしますし、私の才能を発揮できる仕事だと思いますので、これからも私は一生懸命仕事をして行きたいなと、そしてゆくゆくは自分のお店を持ちたいなと思っています。