スキーウェアを調べる
スキーウェアを調べる

冬のスポーツを楽しむ

冬になると、スキーやスノーボードを楽しむ人が多くなります。
スキーを滑る際には、当然滑るのに見合った服装をする必要があります。

スキーウェアとは、スキーを滑るときに着用するウェアです。
スキーウェアを選ぶ際は、寒冷地でアウトドアを楽しむための防寒性や耐久性が第一に重要となります。

スキーを滑る際には予期せぬアクシデントに見舞われることもあります。
転倒したり衝突したりするアクシデントに対応するための丈夫さ・防護性も大切です。

流行・ファッション性も求められ、毎年各スポーツ用品メーカーからニューモデルが登場しています。
種類も豊富で、様々なカラーのウェアが発売されています。
自分の好みに合わせたウェアを選択することができます。

スキーウェアの種類

スキーウェアは大きく分けると、アウター・インナーに分けられます。
アウターは、その名の通り、上に着込む服です。
多くはナイロンやポリエステル素材でできていて、防寒・防水・防護機能が優れています。

そのほかにも、アウターにはリフト券や小銭を収納できる便利なポケットや、暗くなっても視認しやすい反射材などが付いているものもあります。
インナーは、アウターの下に着こむ衣服で、着心地の良さや保温性が求められます。

スキーウェアの選び方

スキーウェアは、スキーを思い切り楽しむのにとても重要になります。
また、自分に合ったものを着ることで安全性も高められます。

サイズ表やサイズチャートをよく見て、実際に試着してから決めるようにしましょう。
メーカーによってサイズ展開が異なるので、同じ「Mサイズ」でも全然大きさが違うということも起こります。

アウターの中にたくさん着込む人は、大きめのサイズを選択すると良いでしょう。
ジャストフィットのウェアを選ぶか、ゆったり目のウェアを選ぶかはお好みです。

競技用スキーウェア

スキーは競技もいくつかあるため、競技用のスキーウェアもあります。
アルペンレース用、モーグル用、滑走競技用、ジャンプ用など色々な種類のウェアがあり、それぞれ競技の特性を生かした作りになっています。
選手が自分の力を最大限出せるような構造になっているのです。

アルペンレース用の出走時はレーシングワンピースを着用するので、スキーウェアは出番待ち用の一般のウェアに近いものです。
モーグル用は滑走シルエットがジャッジに影響するので、上下の統一感と、姿勢の判別がしやすいデザインになっているのが特徴です。

滑走競技用のウェアは、よりスピードを出すために、風の抵抗を少なくする材質やデザインが採用されます。
ジャンプ系の競技ウェアは、逆に風の抵抗を利用して長く高く飛ぶ必要があるので、ややゆとりがあり空気抵抗がある材質を使うことが多いです。