登山スタイルを調べる
登山スタイルを調べる

登山ウェアを揃える前に

最近は趣味の一環で、気軽に登山をする人が増えています。
ですが、登山するにはしっかりとした下準備をしていくことが必要です。

登山用品店で、様々な登山用ウェアが販売されているのを見たことがありますか?
登山用ウェアは素材が軽い・ぬれても乾きやすい・動きやすい・丈夫など、機能性を重視されて作られていて、一つ一つの価格は結構高額です。

また、ウェアはもちろん、登山用の靴なども売られており、こちらも値段が高いものが多いです。
ですので、最初からすべてのウェアをそろえて万全にする必要はありません。
自宅にある洋服もうまく活用して、足りないものを買い足す形で徐々にそろえると良いでしょう。

夏の登山スタイル

各季節ごとの登山スタイルについて見ていきましょう。
季節によって、スタイルは変わってきます。

夏の行動着は乾きやすいポリエステル素材がメインになります。
日焼け対策や標高差による温度差を考慮し、薄手の長そでのロングシャツを一枚持っていきます。

夏は平地では気温が高く暑くても、山は標高が高いため気温が低い場合があります。
寒さに対応できるような温度調節の利く服を持っていく必要があるのです。

途中休憩する際はレインウェア、寒いときはインナーダウンを中に着込みます。
山の天気は変わりやすいため、レインウェアは必須となります。

急な雨にも対応できるようにしましょう。
また、ぬれた場合に備えて、替えのTシャツも持っていきましょう。

下は、虫刺されや日焼けも気にならない長ズボン、もしくはタイツの上に短パンというスタイルが最近の流行です。
夏であってもできるだけ肌は露出しないようにすると、怪我防止にもなります。
日焼けや熱中症対策として、帽子も被っていくと良いでしょう。

春・秋の登山スタイル

春・秋の行動着は、ロングの化繊シャツとウィンドブレーカーがメインです。
それに、ロングのポリエステルシャツ・フリースジャケットを持っていきます。
やはり平地に比べ気温が低いため、あたたかい格好をしていきましょう。

また、登山をすると汗をかきます。
汗が蒸発して体が冷えることも十分考えられますので、防寒具を備えましょう。

インナーダウンは防寒着用として、さらに寒くなった時のために持ち歩きます。
また、ネックウォーマー・帽子・手袋などの小物を必ず持っていきます。

レイヤードの極意

登山では暑かったり寒かったり、標高差による気温の変化や体を動かすことによる体温の変化が激しいものです。
快適に登山をするためには、服を脱いだり着たりしながら、体温調節します。
脱ぎ着がしやすいように、着用するレイヤードを考えましょう。

ベースレイヤー・ミッドレイヤー・アウターレイヤーの3つのレイヤーに分けて考えると安心です。
必要に応じて中間着を足す、もしくは暑ければTシャツを2枚にする、など個人で工夫するとよいでしょう。