ウェディングドレスを調べる
ウェディングドレスを調べる

なりたい花嫁のイメージを浮かべる

女性ならば一生に一度は着たいウェディングドレス。
自分に合ったものを、時間をかけてしっかり選びたいですよね。

かわいいと思って選んだドレスが、いざ着てみるとイメージと合わなかった…ということは実はとても多いです。
自分の体型や雰囲気に合ったシルエットのドレスを選ぶことが、似合うドレスを探し出す大事なポイントです。
体型によって似合うドレスというのは違ってくるものです。

また、体型の悩みはドレスでカバーできます。
お悩みの部分を上手にカバーできるウェディングドレスを選んでください。

なりたい花嫁のイメージによって、ドレスを選ぶとよいでしょう。
可愛い花嫁ならふわふわしたオーガンジー素材のデザイン、大人っぽい花嫁ならマーメイド型やスレンダーなドレスを選びシルエットをすっきりさせるとよいでしょう。

ウェディングドレスのシルエット

ドレスにはいろいろなシルエットがあり、選び方によって自分の体型・雰囲気に合うかが決まります。
ドレスのシルエットには「プリンセスライン」「Aライン」「スレンダーライン」「マーメイドライン」などがあります。

自分の好みやこれは似合う、似合わないということもあると思います。
ですが最初は先入観を持たないで、ドレスショップに入ったら、いろいろなシルエットのドレスを着比べてみましょう。

自分好みで、かつ自分の雰囲気や体型に似合うドレスがわかってくるはずです。
下記のサイトでは豊富なスタイリングが紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。
>>スタイリング|二次会ドレス専門店 THE DRESS SHOP

2着目のドレスはどうする?

結婚式で着るドレスは、純白のドレスだけとは限りません。
約半数の人がお色直しとして衣装合計2着、2割くらいの人は3着も着用しています。

衣装の組み合わせで一番多いのが、ウェディングドレスからカラードレスにお色直しをする人です。
また、2着目に色打掛を選ぶ人も増えています。
似合うカラードレスを選ぶコツは、肌の色がきれいに見えて、なおかつ自分の雰囲気に合うドレスを選ぶことです。

2着目のドレスの色バリエーションはとても豊富なので迷いがちですが、なりたいイメージを決めてた上で探すようにすれば、きめやすいです。
また季節のイベントを意識した選び方もオツなものです。
例えばクリスマス時期の結婚式ならば赤やグリーンなどを選んであげると季節感が出て良いでしょう。

フルオーダーメイドのウェディングドレス

自分だけの一点ものにこだわる人も増えています。
サイズやデザイン、素材からすべて選ぶことができるので、世界に一つだけのドレスが作れます。

オーダードレスは縫いあがるまでに非常に時間がかかりますので、時間に余裕をもって選びます。
打ち合わせは挙式の半年前くらいからスタートしましょう。

オーダードレスのメリットは、自分のサイズに仕上がることです。
また、レンタルとは違い自分だけのドレスなので、着る場所も扱いも自由です。
早めに着て前撮りや、海外挙式にも気軽に持っていけます。
将来子供に着てもらうなんていうこともできるでしょう。