浴衣を調べる
浴衣を調べる

日本の伝統の衣服

浴衣は和服の一種ですが、長じゅばんを着用せずに素肌の上に着る略装です。
その歴史は平安時代までさかのぼります。

平安時代の湯帷子という沐浴用の衣服がその原型とされます。
ゆかたびらという名前からゆかたという名前に変化したと言われています。

江戸時代になって、庶民の愛用する衣類の一種となり、現代に至ります。
現在では夏場の湯上り、寝間着として愛用している人が多く、日本舞踊などでは稽古着として着用されます。

温泉旅館などで着用したり、夏祭りなどで着用したりする人も多いでしょう。
家庭でも手軽に洗濯できるので、清潔に保つことができます。

浴衣の選び方

柄の選び方にもコツがあります。
小柄な人は小さい柄、背の高い人は大きい柄を選ぶと良いでしょう。

年齢によって選ぶ柄も異なります。
若い人はカラフルで華やかな柄、大人は落ち着いた色を選ぶと良いでしょう。
和服では落ち着いた色のほうが若く見えやすいことがあります。

くるぶしが見えるくらいの丈の浴衣を選びましょう。
丈が長すぎたり短すぎたりするとはしたない印象を与えかねません。
場合によってはお直ししてもらうと良いでしょう。

帯は、シックに着たいときは浴衣と同系色、派手目に着たいときは浴衣と反対色を選びます。
下駄・雪駄・鼻緒の色は、浴衣や帯と同系色にすると、統一感があってオシャレです。

いろいろな生地

浴衣には色々な生地があります。
どのような場面で着用するかや着用する人の年齢などで生地も選んでいきましょう。

綿紅梅は高級浴衣の一種で、格子状に太い糸が織り込んだ生地に型染めしたものです。
生地に凹凸があり、生地が肌に張り付かず涼しさを感じられます。

綿縮は先染めした糸を織った木綿の生地です。
しぼがあるため、さらりとした肌触りです。

岩国縮・銚子縮・高島縮・相馬縮などが有名です。
綿絽は独特な隙間を作りながら織り上げる夏の織物で、透け感があるのが特徴です。
高級感がある大人っぽい浴衣になります。

最近人気の浴衣素材は、ポリエステルです。
速乾性・吸汗性に優れていて着心地がよく、家庭用洗濯機で洗えます。
アイロンもかけなくてよい商品もあります。

光沢やハリのある素材なので、着物としても着用できます。
手軽に着用できるので、若い人に人気があります。

浴衣の着付け

お祭りやデートなどのイベントで着る機会が決まっていれば、あらかじめ必要な道具はそろえておきましょう。
着付けに必要なものは、浴衣・帯・下駄・浴衣スリップ・前板・伊達締め・コーリングベルト・腰ひも・かごバッグなどです。

最近ではすべての道具や下着類がセットになった商品も売られています。
浴衣は着物と違い一人でも簡単に着付けることができます。
一人で着られる浴衣の着付けに関するパンフレットなどもあるので、一人で着付けをする予定の人は、事前に何回か練習をしておくと良いでしょう。