30代のデニム

30代という人たちが、どのようにファッションと向き合っていけばいいのでしょうか。

30代にデニムはありか

そもそも30代という人たちに、デニムという存在はありなのでしょうか。
もちろん、ありに決まっています。
決まってますが、なにか、デニムを着ることで、ダレダレになってしまう可能性がありますし、若作りしているように思われてしまうかもしれません。

どのように着こなしていくかというのもとても大事なことです。
余計な飾りがついているものを安易に求めていると、そのようなことになってしまうかもしれません。
そして、色落ちもそろそろ卒業しなければならないかもしれませんし、更にやや細めのアイテムを求めていきたいと思うのです。

そのような条件をクリアすれば、別にユニクロでもGAPでもいいと思うのです。
しかし、30代となれば、もうちょっとしっかりしたものを購入していただきたいですし、取りあえず、名門リーバイス程度を求めていくのがよろしいかと思います。
やっぱり、そろそろ定番を求めていかなければ、一体いつ求めるのかという話しにもなってしまうのではないでしょうか。

余計な飾りはもういらない

30代の人たちには、普通のデニムを履いて欲しいと言いたいまでです。
そう思っているものの、デニムの中には、変な飾りもついたものもあり、知らず知らずそのようなデニムに妥協しているかもしれません。
変なベルトループが付いたものとか、なぜかジッパーが付いてたりというものであり、そのようなデニムだって、当たり前に履くことが出来ますし、デニムであることも間違いないですが。

そのようなものを許すということは、デニムならなんでもいいということになってしまい、結局ファッションならなんでもいいということにも繋がってししまうことになります。
その飾りというものがおしゃれと勘違いしないようにしていただきたいですね。

色落ちするかも

そして、30代の人たちも、色落ちしているデニムがいいと思っているケースがあるようです。
デニムは、色落ちしているから、よりカジュアルという感じになって行ってしまうことになります。

そもそも、デニム自体がカジュアルなのですから、30代の人たちが、そこまで求めているのが妥当かという判断を下して欲しいのです。
まあ、このあたりは、個人個人の思いもあるでしょうから、あとはみなさんの判断にお任せしたいと思いますが。

シルエットは細すぎず太すぎず

そして、最後に、30代の人たちには、シルエットやや細めのデニムを選択していただきたいと思います。
太い、細いが判らないという人たちもいらっしゃるでしょうが、世界基準は、リーバイスの501です。

細すぎず太すぎずというシルエットを。
そろそろ30代の人たちは真剣に美しいシルエットを求めていくべきです。