ベースカラーという考え方

ベースカラーというものを私達はどのような理解して行けばいいのでしょうか。

イエローベースとブルーベース

お肌にはベースカラーというものがあり、肌や髪の色にいよって、「イエローベース」と「ブルーベース」の2つの種類に分けることができると言われています。
日本人には比較的イエローベースの人たちが多いと言われていますが、まず、みなさんがこのベースカラーについて、知っておけば、自分のファッションにも大いに役立つことが出来るはずです。
ベースカラーを知っているから、自分のあう色を見つけだしやすくなるはずです。

肌のイエローベース

肌のイエローベースという人たちは、手のひらを見た時、黄色やオレンジがかって見えるタイプの人に多いです。
目の色や髪の色については茶系であることが多いと言われています。

そのような感じで結構簡単に、 イエローベースのタイプを見つけることが出来ます。
そのようなタイプの人たちは、暖かみのある色合いが似合うことが多いと言われています。

マスタード色やターコイズブルー、更に若葉色や朱色などいう選択をすれば、より失敗を回避することが出来るはずです。
そして、イエロー、オレンジ、ブラウンやゴールドなどの色合いのメイクが似合うと言われています。
ファンデーションもベージュやオークル系が馴染みやすいと言われています。

ブルーベースの人たち

一方ではブルーベースの人たちは、どうなのでしょうか。
ブルーベースの人たちは、イエローベースの人たちと反対と考えると判りやすいです。

髪や目の色は黒、肌の色も白やピンクがっている感じです。
コントラストがはっきりとしている感じであり、服装もビビッドな色が似合うと言われています。

手のひらをチェックすれば、赤みがかっていたりピンクに見えるので、自分がブルーベースだとういうことが判ります。
パステルカラーでもいいですが、深い赤、緑、黒や青、白といった原色系ファッションが似合うタイプです。

しかし、実際のことを言えば、日本人において、なかなかブルーベースの人たちは少ないとも言われています。
だから、日本人の人たちは、原色系のファッションということに、慎重に向き合っていかなければなりません。

ファッションで肌から追求しなければならない

ファッションって、服と服の組み合わせであり、カラーとカラーの調和と考えている人たちもいるのかもしれません。
当然、そこに人物が存在して、人物の容姿、スタイルとファッションの調和のことも考えていかなければならないことは、理解出来ているのです。

しかし、みなさんはそのとき、肌の色について考えるということが抜け落ちてしまっていたのかもしれません。
ファッションについて考えるとき、意外と、肌の色、更に瞳、髪の毛の色ということが、ポイントになることをここで理解していただきたいのです。