オシャレはボトムが基本

ファッションはボトムが基本という言い方をする人たちもいます。

Aラインシルエット

ファッション雑誌を見れば当たり前のように、シルエットが大事ということが書かれてあったりします。
そもそもとシルエットが大事って一体何が大事なことなのでしょうか。
きれいに見えるシルエットには、Aライン、Iライン、そしてYラインという三つのパターンがあります。

ラフでな感じで、男性っぽく見えるのが、Aラインです。
それは、トップスが体のラインに沿った細身のアイテムで、ボトムスに太めのものを選んだシルエットです。

ボトムスをルーズなシルエットにすれば、 男性ファッションとしての安心感を作り出すことが出来ます。
Aラインシルエットは、メリハリを演出することがポイントなのです。

Yラインシルエット

次に、イメージして欲しいのが、Yラインの人たちのシルエットです。
それは、アウターが幅広で、ボトムスが細いシルエットです。

体型も隠すことが出来るから、女性がこのようなスタイルを求めていたりもします。
体型に自信のない人たちにおすすめ出来るシルエットです。

Iラインシルエット

次は、ベーシックなIラインです。
トップスもボトムスも上下に細い感じです。

スラリと細長く見えるシルエットです。
大人っぽいシルエットという感じではないでしょうか。

意外とシルエットは難しい?

この三つのパターンに分ければ、シルエットは簡単に見えるのですが、 意外とシルエットは難しかったりもするようです。
写真を見せられて、このシルエットはYラインシルエットですと言われても、太いんだか細いんだか分からないというケースだってあるでしょう。
ロングコートを着ているという場合、着丈が長いから、ボリューム感をもってしまうことになりますし。

面積が多くて、ある程度細くてもボリューミーに見えてしまうことになります。
私が持っているトップスが細いのか、太いのか判らないという人たちも、当然いらっしゃるでしょうし。

もっと簡単に考えるとスキニーチノ

ファッションコーディネートに慣れてないという人たちは、もっと簡単に考えて行けばいいのです。
スキニーって、肌にすいつくように細いシルエットのことを言います。

スキニーチノで考えていきましょう。
ルーズなボトムは、細いかゆるいか中途半端で初心者の人たち向きではないようです。
しかし、 スキニーチノだったら、トップスが細かろうがゆるかろうが、シルエットが自動的に綺麗にしてくれます。

そして、初心者の人たちにおすすめアイテムは、黒のスキニーチノなのです。
黒だから、 スキニーチノをより引き締めた感じで見せてくれることになります。
スキニーチノを黒にすることで、よりメリハリをはっきりとさせることが出来ます。

トップスから揃えようとするに間違いがあるのかもしれません。
コーディネートの基本はボトムスと考えてみましょう。