メンズTシャツの着こなし

メンズTシャツという当たり前の存在を他の人たちよりもイメージ良く着こなすにはどうすればいいのでしょうか。
Tシャツの選択は、とても楽だから、多くの人たちがTシャツを求めているのかもしれません。
しかし意外と、そのTシャツの選択が難しかったりします。

Tシャツならなんでもいいは嘘?

Tシャツだから、なんでもいいという思いを案外多くの人たちがしているのではないでしょうか。
そこには、嘘があります。

Tシャツという一見安易なファッションだから、気を配る部分はしっかり配慮していかなければなりません。
そこで、まず徹底して、サイズに拘りを持っていただきたいと思います。

サイズなんて、どのファッションスタイルにおいても大事と言えば大事ですが、Tシャツには、特にサイズ感が大事という人たちも多くいます。
Tシャツは一枚で着るケースも多くあるからです。
同じMサイズでもブランド、メーカーによって随分違うということにまずは気づいて欲しいですね。

なので、同じファッションブランドによって、まとめてTシャツを大量に購入すると言った危険行動をしないように注意をしてください。
Tシャツをしばらく着てみて、問題ないようなら次を購入するようにしてみましょう。

ネックタイプ

Tシャツの何があなたのファッションスタイルを決定付けるのかと言えば、やっぱり、ネックタイプだと思います。
ルーネック、Vネック、Uネック、ボートネック、ヘンリーネックなどの種類があり、ネック形状にプラスして、リブの太さにも注目してみましょう。
自分に似合う、似合わないという以前に、そのTシャツによって、どのような付加価値が存在しているかということを知ることが大事です。

キレイなイメージを与えたいという場合なら、 やっぱりおすすめはVネックです。
Vネックを選択することで、ちょっと大人らしい雰囲気を作り出すことが出来ます。
そして、みなさんがフェミニンな印象を加えたいという場合において、Uネックなど選択をしてみましょう。

そして、ネック部分のリブの幅です。
リブの幅が太いほど、カジュアルな印象を相手に与えることにきっと成功出来るはずです。

リブが細いほどキレイな印象を持たせることが出来ます。
もっと細いと、フェミニンなイメージを作り出すことが出来ます。

基本は無地?

Tシャツの選択は出来れば、無地で攻め込んで欲しいのです。
柄物だとしてもボーダー柄やモノトーンのアートフォトプリント程度に、留める意識がいいです。
それが、Tシャツの大人の着こなしです。

ついつい、物足りないモチベーションより、無地でないものを選択してしまうかもしれません。
しかし、アピールしなければならないのは、Tシャツだけではないのです。
だからTシャツはもっと謙虚に留めておくべきものではないでしょうか。