シャツを買う時の注意

みなさんはシャツを購入するとき、どのような点に注意をしているのでしょうか。
ここではシャツを購入する時の注意の仕方などお話しをして行きたいと思います。

サイズをあわせる

基本、やっぱりシャツを慎重にサイズより見ていただきたいと思います。
サイズが判らないという人たちは店員さんにお願いしてみてください。
誰もが体型に特徴があったり、首が太かったり、腕が長かったり、お腹がぽっこり出ていたりします。

そのため、S・M・Lとサイズが分かれていたとしても、既製品のサイズをぴったりと着こなせる体型の人はまれです。
一般的なカジュアルなシャツほどバリエーションは期待出来ないものです。
ブランドによっても違い、海外のブランドの場合、わざわざ、日本人体型の平均値にあわせてくれないケースだって、結構多くあります。

とにかく、私達は、ブランド名に拘りを持つ以前に、身体にサイズにあった商品を見つけることが先決です。
有名ブランドのロゴで、シャツを決定するモチベーションって、結構危険な発想ではないでしょうか。
そうはならないように注意をして欲しいのです。

サイズ展開の多い紳士服店はどこか探す姿勢が大事ですし、どのお店で購入するか、カジュアルならもっと深く考えて行く必要があります。

ネットで購入するのがいいかも

逆説に聞こえてしまうかもしれませんが、ここで、おすすめしたいのは、インターネットでシャツを購入する方法なのです。
実際に試着して選ぶことが理想というのかもしれません。
しかし、やっぱり、量という問題では、全然ネット通販の方が上です。

ネット通販というのでも、一般的なカジュアルなシャツのサイズ展開では意味があまりなく、 シャツ専門店のようなところで購入することにより大きなメリットがあります。
自分の身体のサイズにあったカジュアルなシャツを販売しているショップをまず私達が見つけることが出来れば、敢えて、オーダーメイドに挑戦する必要なんてないのです。

ネット通販のリスク

ただし、ネット通販にリスクが存在してない訳ではありません。 それは、やっぱり試着をせずに購入するという点です。
まずは一枚だけ購入して試すという姿勢も必要にはなって来ます。

しかし、今、ネットショップの方が、リアル店舗よりも全然、数が多いから、あなたに一番あっているお店、シャツを必ず見つけることが出来るはずです。
そのようなお店を一店舗見つけることが出来れば、今後そのお店をひいきにすればいいまでです。

胴回りに多少の余裕

シャツを購入するとき、胴回りに多少の余裕があった方がいいようです。
しっかり、体型をキープ出来ている方はピッタリのジャストサイズでも大丈夫は大丈夫です。

しかし、多くの日本人男性は決してこのような体型ではありません。
お腹のふくよかなラインまで出てしまうのは、マイナス効果です。
肩幅、首周り、裄丈は、ピッタリとあっているほうが当然いいのかもしれませんが、 お腹まわりだけは、少し余裕を持つという姿勢も必要なのです。