アパレル店員の靴選び

アパレルショップ店員の人たちは、ずっと立つ仕事をしています。
だから、靴はどのようなものを履けばいいか真剣に考える必要があります。
他のアパレルショップ店員の人たちは、どのような方法が靴選びをしているのでしょうか。

オーダーメイドがいい

靴は、オーダーメイドがいいという人たちも、結構な数です。
ちょっと値段は高いかもしれませんが、やっぱり、靴は健康にもとても大事なアイテムです。
更に、高いヒールは、履かないという人たちは結構多くいます。

コーディネートすることで、足がすっきり見えることは事実かもしれませんが、やっぱり、そのようなヒールで、仕事をし続けるのは大変つらいことです。
基本はローヒール、おしゃれも大事ですが、大事なのは、楽なことと健康です。
いかに、お客様に対して、パフォーマンスを発揮出来るかということが大事ではないでしょうか。

そして、大事なのは、アパレルショップ店員自身が、痛い部分を事前に知るということです。
足の形は人それぞれであり、あの人が痛いと言っても、自分には延々とその痛みが襲ってこない場合だってあります。
まず大事なモチベーションは、己・おのれを知ることです。

出来るだけ履かない

どんなオーダーメイドの靴を履いたとしても、靴って結局最終的には痛いもの・凶器なのかもしれません。
現代的兵器は、人間の足の形を、無理におし曲げて行ってしまうのです。

そのような考えを持てば、見られてない場所では、出来る限り靴を履かないというモチベーションが正しいのです。
出来るアパレルショップ店員の人たちは、裏では、靴を履かず、スリッパで過ごすということをしているようです。

アパレルショップ店員は、おしゃれをするということも大事です。
おしゃれをして、お客様も、あのアパレルショップ店員の履いている靴が欲しいということになるかもしれません。
そのようなアパレルショップ店員だからこそ、裏に回ればおしゃれをしないモチベーションが大事だったのです。

店員に聞いてみる

アパレルのことなら、店員さんに聞けばなんでも判るというのなら、靴の問題なら、靴を売っている店員に相談をしてみればいいのです。
ファッションって、雑誌でもいろいろ情報を収集出来て、感覚で受け止めて、相談をするということをなかなかしないでも、自分で判っていると過信している部分もあるようです。
しかし、アパレルファッションもそうですが、靴だって、やっぱり店員に聞けば、いろいろ自分の見落としていた部分が判ってきたりするものです。

一度、靴の店員さんに、私はアパレルショップ店員だと言って相談をしてみましょう。
そして、今度は、靴の店員さんから、アパレルファッションについて相談されることもあるかもしれません。