服のサイズ!寸法を測る方法

アパレルショップ店員も目指しているというなら、やっぱり基礎として知らなければならないことがあります。
アパレルショップ店員は、お客様に、服を購入したときに、どこをあわせなければならないのか、 そして妥協するならどこかという点もアドバイスする必要があるのではないでしょうか。
そして、もちろん聞かれることもあるでしょうし。

プルオーバー

まず、自分の身体を計り、洋服とサイズを照らし合わせてください。
ショップで今まで服を購入したという人たちの中には、服にフィットしてないケースって結構多くあるようです。
Tシャツ、プルオーバーにおいて、肩の可動域が大きくても全然気にならないと思います。

逆に、余裕がありすぎれば、だらしなく感じることになります。
素肌に着るプルオーバーの場合、目安は自分の肩幅から±4cm程度と考えてください。
出来れば、±2cm程度がいいのかもしれませんが、冬場、私達はインナーを着ることになりますので、少しだけ、余裕のあるサイズを選択してください。

プルオーバーの袖丈はお好みでいいです。
プルオーバーのシルエットは身幅によって大きく変わって行きます。
自分の胸囲の±4cm程度を目安として考えてみましょう。

服の身幅サイズをしっかりチェックしてゆったり着たいのか、タイトに着こなしたいのか決めていただきたいと思います。
着丈の場合でも、好みで基本は構わないのです。

シャツ、ブラウス

シャツ、ブラウスの場合はどうなのでしょうか。
よく2つは一括りにされてしまいがちですが、それぞれサイズ感が異なるので選び方に注意しましょう。
シャツは体にぴったり合ったサイズが好ましいですが、ブラウスは余裕を持ったゆったりしたサイズを選びます。

ブラウスの場合、少し少しルーズサイズで選択してもOKです。
袖丈の場合、シャツは、カフスの切り返し部分が手のひらにかからない程度です。
ブラウスは、お好みで構わないですが、一応手首までの長さが目安にしてみましょう。

身幅(バスト)も、 ブラウスはぴったりかややゆったり、そして、シャツは、ぴったりを目処にしてください。
着丈は、シャツは、普通のトップスよりも長めです。
ちょっとバランスがおかしくなってしまわないように、このようなところがポイントとなります。

Yシャツであっても、 お尻が7割程度隠れるのがベストスタイルです。
ブラウスの場合、シャツよりも着丈が短くなるようです。

ワンピース

ワンピースの場合、デザインによって適した着こなしが変わりますが、基本的には上半身、トップス部分の形を見てサイズを合わせるのがおすすめです。
素材によっても肩幅は変わり、シャツワンピであればシャツに近い肩幅を、 薄手の場合、ヌードサイズに近い肩幅で考えて見てください。

身幅(バスト)・袖丈も同じです。
着丈はよっぽどのことがない限り、変に見えることはありません。