デザイナーになりたい。
デザイナーになりたい。

デザイナーへの道

アパレルの店員の私の今後の目標は、デザイナーになりたいです。
自分がデザインした服を販売するのが夢ですので、いつしかファッションデザイナーと言われるようになれたらなと思ってます。
アパレル店員の販売員として働くのも私は好きですが、デザイナーになりたいと言う思いも強いですので、いつかそれを実現させたいです。
ファッションデザイナーになるのは難しい事ですので、アパレルの店員として働き、毎日の生活を成り立たせてから、その上でデザイナーになるチャンスを待ちたいです。

デザイナーになる道も一つではありませんし、例えばアパレルのお店を自分で持って、そこでお店のブランドを立ち上げると言う事も出来ますから、そうなれば立派なデザイナーですので、私はその方がデザイナーになる事が出来る可能性が高そうに思います。
デザインコンテストとかに送って賞を取るのは至難の業ですし、デザイナーとして就職するのも、きちんとした社員としてそこに勤めるのは難しそうですから、自分で店を持って、自分でその店で販売するのが現実的のような気がします。

私の理想

夢を追って生活を破綻させるのは、賢いとは言えませんし、昔の景気が良かった頃の日本ならいざ知らず、今の日本で無謀な挑戦をするわけにはいきませんから、アパレル店員としての安定した生活は守りつつ、夢を追いたいです。
デザイナーを目指すのに、アパレル店員として働く事はマイナスにはなりませんので、毎日一生懸命アパレル店員として働こうと思っています。
もし私がデザイナーになれたとしたら、どういう服をデザインしたいかと言うと、シンプルな服をデザインしたいです。
シンプルなデザインと言うのが最も難しいデザインだと思いますし、最も需要のあるデザインでしょうから、そういったシンプルイズベストなデザインを行えるデザイナーになりたいです。
シンプルイズベストな服は、普遍的な良さがありますから、デザイナーとして長く活躍する事が出来ると思いますし、ファッションの世界は流行によって浮き沈みがありますが、シンプルなデザインのデザイナーは、比較的安定した人気を保つ事が出来るような気がします。

アパレルの世界で働いてる人は、ファッションが好きな方ばかりですし、ファッションの世界でデザイナーの仕事と言うのは花形の仕事ですので、いつかは自分もデザイナーになりたいと思っている方も多いでしょう。
私もそういう一人ですので、いつの日かその夢を実現したいです。
その為には今ある仕事を一生懸命行う、アパレル業界の中で確実にステップアップして行くと言う事が大切だなと思います。
ある日突然デザイナーになれるとかそういう事は無いですので、結局は努力をして来た人にチャンスが与えられる世界ですから、アパレル業界で一定の評価が得られるような、そういった人材になる事を当面は目指そうと考えています。
アパレル店員とした働きながら、デザイナーを目指す。それもまた良しです。