お客さん同士が喧嘩を。
お客さん同士が喧嘩を。

対人トラブル

アパレルのお店で販売員として働いていますが、以前私のお店でお客さん同士が喧嘩をした事があります。
突然大声が聞こえて、何事かと思って見てみたら、お互い何か叫びながら掴み合っていましたのでビックリしました。
女性同士の喧嘩は、口喧嘩なら子供の頃から何度も見て来ましたが、掴み合いの喧嘩を見たのは始めてでしたので、女性同士でもこういう喧嘩をするんだなと言う、驚きの感が強かったです。

ともかくそのままにしておくわけにはいきませんので、喧嘩をしている二人の間に割って入って、喧嘩を制止したのですが、お互い興奮さめやらずと言った感じで、片方が怒りのジェスチャーをしながら店を出て行き終了と言う事がありました。
喧嘩の事情は良く分かりませんでしたが、おそらくささいな事だったのでは無いかなと、お店にはいろんな方がお客さんとして来るわけですので、お客さん同士が喧嘩すると言うハプニングにも気を付けないといけません。
客層が悪いお店とかで無い限り、滅多にそういうのは起こらないと思いますが、もし起きたらどうするかと言う事もお店側としては考えておくべきでしょう。

私の知り合いの店員の話なんですが、お客さんに絡まれて殴られた子が居ましてね、客商売をしていればそういう話は良くある話かも知れませんが、そうなる前に対処出来る事の方が多いでしょうし、トラブル時にどうするべきかと言う事も、きちんと教育するべきです。
時々仕事は身を持っておぼえるべし、のような教育方針の方も居ますが、客商売でそれを行うのはナンセンスな事で、お客さんに迷惑を掛けて自分が成長するってのはあり得ませんので、従業員には事前に教育をきちんと施すようにして貰いたいものです。

度合による対処方法

お客さんに殴られるような事になった事は私は無いんですが、暴言を吐かれたりする事は時々ありまして、こちらがいくら丁寧に接しても通じない方って居ますので、そうなったらもう仕方無いなと言う感じです。
下手に逆らうとさらに逆上する可能性がありますので、出来るだけ刺激しないようにするのが一番だと思います。
もちろん「金を出せ!」みたいな理不尽な事には従えませんが、「金を出せ!」と言いながら暴力をふるうような感じでしたら、下手すれば殺されますので、お金を渡した方が良いです。
なにかそのような気配になった時にはすみやかに警察を呼ぶ事も大事でしょう。
警察が来れば、後は警察が相手をしてくれますのでね、これはもう仕方ないなと思ったら、すみやかに110番をするべしです。

アパレルのお店で滅多にそういう事は起こりませんが、あり得ない事ではありませんので、みなさんもアパレル店員として働く時には、その事をしっかり心にとどめておいてください。
アパレル店員はやりがいのある仕事で、ファッションが好きな方でしたら楽しく働くことが出来るでしょうから、みなさんも是非アパレル店員を目指してみてはどうでしょう。
きっとこの仕事を選んで良かったとね、そう思うことが出来ると思いますよ。