最新のファッションに触れる事が出来る。
最新のファッションに触れる事が出来る。

仕事上、得られる情報

アパレル業界で働いていて嬉しいなと思うことは、最新のファッションに触れる事が出来ると言う事です。
世の中のファッションは、アパレル業界を通してみなさんの手に渡るわけですので、最新のファッションも当然アパレル業界がまず取り扱う事になりますから、一般の方よりも早く、そういった最新のファッションに触れる事が出来るのが私は嬉しいです。
良く言われる事ですが、ファッションは時代を先取りする事が大事ですよね。
今が春なら夏、今が夏なら秋、そういう風に現在のシーズンよりも少し先を行く事、これが先取りのオシャレですので、アパレル業界では常にそういった先のシーズンを考えて動いています。

夏に夏のファッションを考えて動いていたのでは間に合いませんし、現在巷で流行しているファッションを展開するお店は、二流三流のお店だと私は考えます。
優れたアパレルのお店と言う物は、常に時代を先取りし、今ある流行よりも一つ先の流行を展開する、そういうったお店が一流のアパレルのお店と言えるのでは無いでしょうか。
ここで言う一流のお店とは、規模の大きい小さいは関係無く、その質の事を言っていますのでね、アパレル業界で一流のお店になると言うこと、これは私はどのお店にも一流になる事が出来ると思いますよ。

流行と個性の考え

アパレルのお店に来られるお客さんは、みんなと同じ格好がしたいと思って来ているわけではありませんし、流行の服が欲しいと思っていても、流行をふまえた自分なりのファッションを楽しみたいと思っているはずです。
ですので今ある流行ばかりのお店では、人と同じ服を購入するお店になってしまいますので、そういったお店は近いうちに廃れるのは目に見えています。
ファッションで大事な物は個性ですし、アパレルのお店にも個性はとても大事な事ですので、常にその時代で個性の確立しているお店が、アパレル業界で成功するお店だと私は考えます。
ファッションにおける個性は、時代の先取りと言う要素が非常に大きいです。
アパレルのお店で一番敏感なのは次の時代の流行です。この流行をいち早くキャッチし、取り入れる事が出来れば、そのお店が繁盛する事は間違いないと思います。

次の時代の流行を作るのは何処か、どこが発信するかと言う事が、大事だったりします。
それはアパレルメーカーだったりしますし、アパレルのお店発の流行になる事もあります。
マスコミが作る流行もありますし、お客さんの中で流行った事が社会に広がると言う事もありますし、次の流行は何が来ると言うのが明確に分からない所がね、アパレル業界の面白さと言えるでしょう。
私はアパレルのお店で働く販売員ですが、常に先の流行の事を考えて行動していますし、アパレル業界は常に先の流行をとらえて動いていますので、アパレル業界に身を置くことによって、巷では見られない次の新しい流行に触れる事が出来ると言うのが、私はアパレル業界で働いていて楽しい事だなと思います。